スポンサーサイト

いつでも里親募集中              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A B C ???

いつでも里親募集中              
IMG_0230.jpg
Best friends animal society L.A.

大雨の中 センターを出て 駐車場に行くと3人の推進員の車が並んでいて お疲れ様でしたと軽い挨拶から これが本番ともいえる お話ができました 互いの情報交換 

そして思いだしました 丁度 仕事で行っていたLA 1990年頃でしたが 

1971年にはロサンゼルス市では11万頭以上の犬と猫が殺処分されました。これは1960年に統計を取り始めて以来最悪の数字で、さすがに行政側がなんとかしなくてはと腰を上げた最初の年となりました。LA市がとった方法はとにかく無制限に産まれて来る犬や猫の数を減らすことでした。そのためにアメリカで初めて公共サービスとして低価格での犬猫の不妊去勢手術のためのクリニックを設置したのです。

LAだけで11万頭 全米で2000万頭の殺処分数は2011年には300万頭まで減少しています 
その経緯の抜粋を紹介したいと思います

①ペットの人口過剰問題は、税金の浪費
シェルターに収容される動物が増えることは、その維持や安楽死に莫大なお金がかかる、すなわち税金の浪費であるということを、国やメディアが大々的に宣伝するようになりました。

②環境汚染につながる
大量の動物を殺して燃やすことには多大なエネルギーが必要であり、大気汚染、二酸化炭素の増加、ゴミの増加などにもつながり、エコロジー的な観点から動物を殺すこと自体が浪費だといわれるようになりました。

③安楽死用の注射液の危険性と、管理義務の負担
アメリカでは安楽死専用の注射を使用するため、使用できる獣医師はその管理を徹底する必要があること、そして二次的な犯罪を予防する必要があるなど、ただ使うだけでなく管理するのにも多大なる労力を割く必要があるという認識が広がりました。

④非人道的である
あまりにも多くのペットが生まれ、余り、安楽死させられる。ひとつひとつの命が軽んじられる風潮が存在していた社会に、命の尊さを訴えました。

⑤安楽死させなくてはならない人の立場
アメリカでペットに安楽死を施行できるのは、獣医師に限られています。次から次に安楽死させざるを得ない状況に置かれた獣医師が精神的に負う傷、それに対してメンタルケアが必要となり、そのような点でもお金がかかる状況であることを世の中の人々に知らせるようになりました。

⑥ペットの人口過剰の事実を広めるための、徹底した啓蒙活動
犬や猫はどんどん増えるという事実を、ありとあらゆる方面からありとあらゆる立場の人々へ訴える啓蒙活動を行いました。しかし、西山さんが1990年代に感じたのは、ただ訴えるだけではなかなか効果がないということだったそうです。

⑦不妊去勢手術の値段を下げた(1990年頃)
動物病院やシェルターのほかにも不妊去勢手術専門病院が各地に作られ、低所得者や高齢者に対して助成金を出す、不妊去勢手術バス(移動式の手術室)が登場するなど、経済状況が厳しい人でも安い金額で不妊去勢手術を受けられるようにしました。

⑧不妊去勢手術を法で義務化した(元祖シェルター法:ロサンゼルスでは1990年成立)
元祖シェルター法と呼ばれるこの法律は、シェルターから新しい家族に迎えられる動物はすべて、生後9ヶ月になる前に不妊去勢手術をしなくてはならないというものです。違反すると罰金が科せられましたが、それでも生後9ヶ月を迎える前に繁殖してしまうという状況は残りました。

⑨不妊去勢手術を前金制度にした(1994年ごろ)
シェルターから迎える動物に対して、不妊去勢手術をまだしていない場合にはその手術費用を前払いするという仕組みを作ったそうです。前払いしているにもかかわらず、手術を受けずに繁殖してしまう状況は存続し、この方法も成功しなかったといいます。
⑩犬の登録料に差をつけた
不妊去勢手術をしている場合には10ドル(現在は15ドル)、手術をしていない場合には100ドル(現在は150ドル)と、登録料に差をつけました。当時、安いところでは100ドルかからずに手術を受けられる状況だったそうです。登録料は毎年支払うため、登録料に差をつけたことはかなり効果的だったそうです。IMG_9630.jpg 避妊済み票

⑪ブリーダーライセンス制度を導入、繁殖を許可制にした(1999年:ロサンゼルス)

プロのブリーダー、一般の飼い主に関わらず、繁殖を行う前に管轄の行政に申請をし、繁殖許可証(125ドル、審査なし)をもらわなくてはならなくなりました。許可なく繁殖した場合には高額な罰金が科せられること、繁殖するには許可が必要だとするワンステップをくわえたことが功を奏し、気軽に自家繁殖する人が減ったそうです。

⑫早期不妊去勢手術を広めた(1990年代後半)
生後16週齢よりも早く(一般的に8-16週齢)不妊去勢手術をすることを、早期不妊去勢手術と定義します。生後6ヶ月齢ほどで行う通常の手術と比べて安全性にかわりはなく、むしろそれよりも少し安全だとされているそうです。早期不妊去勢手術は1960年代から小規模ながらも行われていたそうなのですが、1990年代になって、早期手術をするための小児麻酔学や手術テクニックが広がっていったそうです。このことはアメリカで安楽死を減らすための対策として成功したと感じている、とお話されていました。

⑬早期不妊去勢手術を法律で義務化した(2000年:シェルター法)
公共・民間を問わず、全てのシェルターから犬や猫を新しい飼い主へ渡す時点で、不妊去勢手術がされてなくてはならないという法律です。早期不妊去勢手術が初めて法律で認められた、大きな進歩であると考えられているそうです。早期不妊去勢手術の獣医学的見解としては、手術が簡単、手術時間が短い、犬猫の負担が軽く精神的トラウマが少ない、飼い主が喜ぶというメリットがあるとされています。

⑭シェルターレスキューが普及(2000年代)

ロサンゼルスでは、公共のシェルターでの保護期間は2週間とされているそうです。2週間で新しい飼い主が見つからずに安楽死させられる動物をレスキューし、時間をかけて新しい飼い主をさがすという活動が普及しました。シェルターレスキューをしている方々は個人から団体まで、さまざまな規模だそうです。

⑮シェルターレスキューを許可制度にした
シェルターレスキューが普及して安楽死数は減るも、動物たちのケアをきちんとしない人々も出てきました。そのため行政がシェルターレスキューを許可制度として、愛護や虐待法についての啓蒙を行いました。また、シェルターレスキューをして新たな家族に手渡す際にも、その時点で不妊去勢手術が施されていることを義務付けました。

⑯地域猫のコントロール(1990年代後半から)
地域猫、いわゆる野良猫を捕まえ、不妊去勢手術をし、再び地域に戻して頭数をコントロールする活動です。これは科学的にも有効であることが証明されていることで、行政が積極的に行った対策だそうです。

⑰ペットショップから犬猫の生態販売が消えた

この20年の間にペットショップから犬猫の姿がどんどん消えて行ったのには、病気を持つ個体の多いパピーミルからのペットを販売するのではなく、シェルターからペットを受けて譲渡をしていくという姿勢になっていったからだそうです。

⑱市民はペットショップからではなくシェルターから犬猫を迎えるようになった

ペットショップの変化は市民の啓蒙へと繋がっていき、新しく犬猫を迎える時にはシェルターに行くようになったそうです。

⑲パピーミル反対運動(2000年ころから)

ペットショップや市民への啓蒙が広がり、2000年ころから粗悪な繁殖を続けてペットショップに卸す業者に対する反対運動が盛んになってきました。ペットショップもそのような業者から買わなくなってきて、<17>のようにシェルターからのペットを譲渡する方向へと進んでいったそうです。

⑳アニマルポリスの存在
アニマルポリスとは、動物に関する法律を監視し、不妊去勢手術をしていない、無許可で繁殖を行っているといった違反行為や動物虐待を取り締まる、24時間体制の法的権限を持つ機関です。法律がありながらも法律を取り締まる人がいなければ法律は機能せず、さらにはアニマルポリスの存在は、そのような法律が存在していることを市民に広めるためにも重要な役割を果たしているそうです。

遺伝病を認識した(1990年代後半から)
繁殖をコントロールするときに忘れてはいけないのは遺伝病です。時々刻々と増えている遺伝病を認識し、遺伝病の検査調査をせず繁殖をしてはいけないという風潮が、ブリーダーの間に広まりました。一方で、自家繁殖は危険であるという意識が一般の人々の間でも広まっていきました。

良心的なブリーダーが遺伝病の長期的チェックをするようになった
良心的なブリーダーはペットショップに卸すことはせず、譲渡してもいいとする相手を直接判断するようになったため、ブリーダーと飼い主との交流が生まれ、一生涯に渡る付き合いをするようになっています。そのようなことから、ブリーダーが自分のところで繁殖した犬の長期的な健康チェックができるようになり、遺伝病についてさらに勉強して知識を増やし、遺伝病を減らしていこうとする意識が高まってきたそうです。

マイクロチップの普及
マイクロチップの装着を義務化する地域がどんどん増えており、現在7~8割のペットにチップが入れられているそうです。

問題行動の診断治療が進んだ

成犬や成猫でシェルターに入れられるケースの殆どが、病気ではなく、噛みつきや無駄吠え、分離不安、トイレなどの問題行動を抱える場合だといいます。しかし臨床治療とトレーニングで問題行動が解決できる確率が高まってきたことから、シェルターに連れてこられる犬や猫が減り、安楽死の減少へと繋がった理由のひとつとなったといいます。

すべての犬猫に不妊去勢手術を義務化した(SN義務法:2008年)
ロサンゼルスでは、ロサンゼルスに住む生後4ヶ月以上の全ての犬猫に不妊去勢手術を義務化しました。例外は盲導犬などのサービスドッグ、繁殖犬、医学的な理由により手術が不可能な場合のみとされ、いずれもその基準はかなり厳しいものとなっているため、ロサンゼルスで犬や猫が暮らすには、基本的には不妊去勢手術をしていないと不可能だと考えてもいいくらいだそうです。

譲渡ライセンス法(2009年)
個人であれシェルターであれ、売る場合でも譲渡する場合でも、6ヶ月齢未満の犬猫を新しい飼い主に渡す場合にはライセンス(1年間120ドル)が必要となりました。この法律は、個人のシェルターレスキューが増えたことに対応するためのもので、本気で取り組んでいないシェルターレスキューをふるいにかけるという意味で機能する法律となったそうです。



ペットショップの繁殖業者からの購入禁止令(2012年)
ロサンゼルスでは、ペットショップは繁殖業者から動物を仕入れてはいけないという法律が可決されました。これは、パピーミルを徹底的になくそうとする法律です。施行後に繁殖業者から購入した動物を販売すれば、もちろん違法となります。

こうしてまとめてみると 日常的に 仲間と話していること 行政にお願いして 即座に 無理ですと言われている内容とまさに同じ内容です 

nimal Birth Contorol   アニマル バース コントロール  

いつの日か  NO KILL !!   虐待も 殺処分も無く 家族として幸せに暮らせる日まで 頑張りましょう

シェルターに戻るのがすっかり遅くなりました わんこもにゃんこも 有意義なお話で遅くなったので あまり怒られませんでしたが メシ~~~ ごはんごはんの大合唱でした

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

里親募集(犬) ブログランキングへ






スポンサーサイト

ペットショップへ行く前に(動画)

いつでも里親募集中              


ペットショップへ行く前に  動画です  

かわいそうな 動物がたくさんいます

今 生きている 苦しんでいる 全ての動物が 救われるまで 繁殖をやめて下さい

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

里親募集(犬) ブログランキングへ

猫専門の写真展「ねこ専」

いつでも里親募集中              
1616.jpg

大阪府大阪市「アトリエ1616」では11月4日~16日、猫専門の写真展「ねこ専」が開催されています

                   997011_691061390975948_3237452170138837011_n.jpg

10254045_639571472791607_4579401900112608425_n.jpg 、"猫だらけの写真展"
                            
 10295795_644369925645095_2566479027648407520_n.jpg

同展は今年8月東京にて開催された。2,000人以上が来場 10374527_724307160984704_883104986951192976_n.jpg

397471_710610472354373_6972795695064998486_n.jpg

写真家・五十嵐健太氏が主催する"猫だらけの写真展"。同氏は、フェイスブックページの国内アクセス数・投稿表示数が、写真家・カメラマンの中で国内トップ(2014年6月29日現在)のフォトグラファー  10329059_666522036763217_437132278996784147_n.jpg  10561546_689366531145434_1245101035119562525_n.jpg

10531391_701671069914980_6018450428541872204_o.jpg

飛んでいる猫を中心に 10675723_719456608136426_8528020014076062086_n.jpg

10394492_694394203976000_5883519009120336046_n.jpg  猫の躍動感ある写真を展示

ギリシャの島々など地中海のシエスタの町に暮らす猫たち10435920_697522086996545_8041363711655236029_n.jpg

10492462_661654993916588_6297609663029333490_n.jpg 

10447749_660907907324630_4790433879463043213_n.jpg   10612762_710027079079379_8793741198189450351_n.jpg

会場では飛んでいる猫を中心に猫の躍動感ある写真を展示。そのほか、ギリシャの島々など地中海のシエスタの町に暮らす猫たちを撮影するASUHA-明日葉氏、トルコやマルタで撮影した旅写真を紹介する古賀繭氏、斬新な切り口で猫の世界を表現する島村恵美氏など、多彩な作家の作品を展示する。参加作家はほかに、山本正義、キムラアキコ、安井治美、Hirotaka、桐生明の各氏などとなる。

10544360_675525959196158_6836575954696174786_n.jpg  開催日時は、11月4日~16日 11時~19時。会場は、「アトリエ1616」(大阪府大阪市浪速区恵美須東1-16-16)。入場料は500円(税込)。

今回も 名古屋の開催はありません

会場に行けないみなさまと 素晴らしい写真の1部を 一緒にみたいと思いました  

happy reportに いつも ステキな お写真を頂いています  みなさまも プロの写真 参考にしていただけたら

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

里親募集(犬) ブログランキングへ

動物フェスティバル2014

いつでも里親募集中              
festival_2014.jpg

本来なら 事前に出すべきポスター 

公益社団法人名古屋市獣医師会は「動物の愛護と管理に関する法律」に基づき、動物
の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、名古屋市と共催して
平成26年10月12日(日曜日)に「動物フェスティバル2014なごや」を久屋大通公園久屋広場にて開催いたします。

という催しでした

af.jpgaf2.jpg

af5.jpg→先生 ご苦労さまです!af6.jpg

現場が忙しい 推進員は イベントになかなか 参加できません

今日も私達のシェルター お見合い 打ち合わせぎっしり予定が詰まっていましたが 
朝 覗いて   やはり 猫さん 一生懸命 助けている推進員さんとお話できましたが
去年も感じた この 実際の現場との 温度差 

保護捕獲 譲渡 動物たちのお世話で忙しい推進員のみなさま

遺棄・虐待 撲滅 の テント  次回はたてませんか

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

里親募集(犬) ブログランキングへ

いらなくなった犬猫を回収する悲しい収集車の存在

いつでも里親募集中              
dogs-and-cats04.jpg fpk.jpg

飼育放棄された犬や猫を回収する「定時定点回収」

市民から犬猫を引き取るために、行政が決まった曜日と時間に回収車で町を巡回する制度のこと。回収された犬猫のほとんどが、新しい家族にめぐり合えることなく殺処分されてしまう。
犬を捨てたい飼い主は、自らが保健所や動物愛護センターに出向かなければならない。その手間が省かれたのが「定時定点収集」

以前の「動物愛護管理法」には犬又はねこの引取りをその所有者から求められたときは、これを引き取らなければならないとある。あくまでも法律に乗っ取った全国自治体の業務だった。

平成25年から施行された改正動物愛護管理法では、飼い主は、その動物が命を終えるまで適切に飼養する「終生飼養」の責任があることが明確にされた。
「殺処分頭数を0に近づけることを目指して最大限尽力するよう、各地方自治体を指導すること」と国会で付帯決議されている。
平成25年 犬猫両方の定点回収を行っている自治体は全国で4県。改正により、愛護センターは容易に引き取りをせず飼い主を説得しなくてはならなくなった。

dogs-and-cats02.jpg dogs-and-cats03.jpg
回収された犬猫のほとんどが、新しい家族にめぐり合えることなく殺処分されている。dogs-and-cats08.jpg

imgc175dc57is3x4c.jpeg

一部の自治体では、動物に苦痛や苦しみをできるだけ与えない方法で殺処分を行い、遺体を焼却しているが、ほとんどの自治体で行われている殺処分方法は二酸化炭素 (CO2) によるガス殺。

殺処分は安楽死ではない。薬物注射の薬物の中には、非常に苦痛を与えるものや、表面的には眠るように死に至らしめるが、動物自身は意識を失わないままに、体が動かなくなっていくという苦痛を与えるものもあるといわれている。

環境省「犬43,606匹、猫131,136匹、合計174,742匹が殺処分されている」 平成23年

img715454b9zik3zj.jpeg

新しい飼い主が見つかる確率はわずかで、収容期限(自治体によって異なる。平均4~5日)が過ぎると、犬猫は殺処分されます。その数は年間約173,000頭(環境省 平成24年度データ )。
犬や猫を閉じ込めた処分機に、二酸化炭素(CO2)を充満させ酸素を抜いていく方法で、殺処分していきます。この方法をほとんどの自治体が採用しています。この窒息殺は息絶えるまでに10~15分も苦しみます。決して、「安楽死」ではありません。
人間の都合で不要とされた犬猫は、次々とその命を無理やり絶たれているのです。

安易な気持ちでペットを飼わない。犬・猫だけでなく動物を飼うということは、楽しいばかりでなくいろいろな負担が生じてくる。金銭面に不安があったり、一生面倒を見られないおそれのある場合はペットを飼うのをやめたほうが良い。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

里親募集(犬) ブログランキングへ
プロフィール

naps758

Author:naps758
NAPS!! Nagoya Animal Protection Society

名古屋動物愛護の会です(=^・^=)
犬と猫と人間が幸せに暮らせるように日夜活動しています
Pcats keepers 平和公園猫の会は墓地の糞尿被害の通報から始まり多くの御霊の眠る平和公園をキレイに快適に
猫ちゃんたちも幸せに暮らせるように繁殖制限をしながらお世話をしています
譲渡会はよいこのみかたが運営しています
頑張って自己資金とたくさんの時間を費やして動物たちの幸せのために頑張ってきました。しかし 膨大な数の猫の不妊 先天性の病気や虐待の犠牲の大けがなど高額な医療費に資金不足に立ち止まることが多くなりました

少しづつでもご協力いただけたらと思います

ゆうちょ銀行 12160 57065961 
他金融機関からは
ゆうちょ銀行[店名]二一八[店番]218 
普通預金5706596  
名古屋動物愛護の会 



 宜しくお願いしますm(__)m

お問い合わせは   pcats@infoseek.jp までm(__)m

名古屋動物愛護推進員 第00070号
動物取扱業2種(非営利)  保管 訓練 譲渡し

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。